お絵かき用タブレットPC、どれを買う?2021版
スポンサーリンク

2019年に、お絵かき用タブレットの比較記事を書いたことがあります。

こちら、このサイトで(何気に)一番読んでいただけている記事になります。

しかし・・・さすがに2年前の記事ですので、今となっては入手できない機種も結構あります。

今使っているraytrektabも、新しい8インチ版が発売され、10インチ版は売り尽くしセールが行われています。

これが壊れたとき、次にどの機種に移行しよう???

というわけで・・・・

2021版、しらべてきた!!!

実際に調べた機種一覧

今回触ってみた機種は、こちらになります。

(表が大きくて見づらいかも・・・)

機種名raytrektab 8インチSurface Go2Surface Pro7Surface Book3
(13.5インチ)
iPad Air 2020iPad Pro 2020 (11インチ)
メーカーサードウェーブMicrosoftMicrosoftMicrosoftAppleApple
OSWindows 10 Pro 64ビットWindows 10 HomeWindows 10 HomeWindows 10 HomeiPadOSiPadOS
CPUCeleron N4000インテル® Pentium® Gold Processor 4425Y~デュアルコア 第 10 世代 Intel® Core™ i3-1005G1 プロセッサ~クアッドコア第 10 世代 Intel® Core™ i5-1035G7 プロセッサ~Apple A14 BionicApple A12Z Bionic
GPUインテル UHDグラフィックス600(CPU内蔵)インテル UHD グラフィックス 615(CPU内蔵)Intel UHD グラフィックスIntel Iris Plus グラフィックス~Apple独自GPU 4コアApple独自8コア
本体サイズ210.0mm
x124.5mm
x9.6mm
245mm
x175mm
x8.3mm
292mm
x201mm
x8.5mm
312mm
x232mm
x13mm
247.6mm
x178.5mm
x6.1mm
247.6mm
x178.5 mm
x5.9 mm
画面8インチ
1280x800px
10.5インチ
1920x 1280px
12.3インチ
2736x1824px
13.5インチ
3000x2000px
10.9インチ
2360x1640px
11インチ~
2388x1668px
メモリ8GB DDR44GB、8GB4GB~16GB8GB~32GB4GB6GB
記憶容量128GB SSD64 GB、128GB(SSD)SSD128GB、256GB、512GB、1TBSSD :256GB、512GB、1TB64GB、256GB128GB~1TB
重さ434g544g775g1534g458g471g
ペンWacom feel IT technologies デジタイザペン付属SurfaceペンSurfaceペンSurfaceペンApple Pencil(第2世代)Apple Pencil(第2世代)
税別価格49800円59800円~99800円~190800円~62800円~84800円~
クリスタDEBUT付属クリスタ別売クリスタ別売クリスタ別売for iPad for iPad
周辺機器専用品なしキーボード等別売キーボード等別売iPad proと共通iPad Airと共通
その他ノートPCクリスタが月額課金クリスタが月額課金
機種名raytrektab 8インチSurface Go2Surface Pro7Surface Book3iPad Air 2020iPad Pro 2020

Windowsタブレットを多めに触っておきたかったのと、現行のraytrektabが1種類になったことにより、今回はSurfaceシリーズ多めとなっております。

では、具体的な触った感想を描いていきますね。

前回同様、スペック表を見ただけだとイマイチわからない、「実機のCLIP STUDIOに、とにかく早く描いたり、文字を描く」をやった場合の反応速度や、視差を気にしながら触ってきました。

raytrektab 8インチ RT08WT

raytrektabシリーズで、2020年末に発売された新機種です!

スペック的には10インチ版と同じはずです。

が、わたしが触ったときは(すでにたくさんの人が試した後だったので重くなっていたのか)ペンの動きが速すぎると描画がやや遅延していました。

サイズ的には持ち運びが楽な大きさです。

その分、ウインドウを開きすぎるとキャンバスが狭くなってしまうので、サブマシンと割り切って、外出時のメモやラフ用に使うのがよさそうですね。

raytrektab 公式サイト

Surface Go 2

2年前にも実は触ってみていた、surface Goの新機種!

当時の印象は「もりもり漫画描くには、ちょっと動作が重いな・・・」という感じでした。

店員さんにも「お絵かきをしたいんですけど」と尋ねたところ、「Goは絵を描くにはすこしスペックが足りないかも」と言われてしまいました。

が、実際試してみたところ、思ったほどもっさりしていない

サイスが近いこともあり、使い勝手も現在使っているraytrektab10インチに近い印象です。

メモリが4GBのものと、8GBのものがあります。

わたしが店頭で試したのはメモリ4GBのものでしたが、操作性は問題ないかも・・?

Surface Pro 7

こちらはsurface Goよりワンランク上のもの。

バリエーションがいくつかあります。

一番安いものだと、使用感がGoとほぼ同等に感じました。

画面が大きいので、持ち運びするにはギリギリのサイズだと思います。

iPad pro 12.9インチと迷う対象になりそうです。

Proに限らず、Surfaceシリーズは標準でOfficeシリーズが搭載されています

お絵かきだけでなく、事務作業などをしたい場合、Officeが入っているのは便利で助かりますね。

Surface Book 3

前回も紹介した、surfaceのノートPCです。

モニターだけ取り外した状態でも持ち運びができます(その場合、グラフィックはCPU付属のものを使用)。

Surface Bookを触った後にiPad proを触ったとき、初めて「iPad proにも遅延という概念がある」ことに気が付きました。そのくらい「描いてすぐに画面に描画」されます!

注意点としては、ふつうにパソコン一台買うことになるので、決して安くはないということです。

また、メモリや容量の選択肢が多く、購入する際はよく検討する必要があるかと。

お絵かき以外にも、グラフィックやプログラムなどの、メインPCとして処理能力が求められる作業をしたい人向けの選択肢になるかと思います。

iPad Air(2020)

選択肢が多いぶんカスタマイズに迷うSurcaシリーズと違って、iPadシリーズは選択肢がシンプルで、「色」と「容量」しか違いがありません。

2020年に発売されたバージョンは、iPad Pro 11インチと同じ周辺機器が使えるようになりました。

見た目もProに近くなり、カッコよくなっています!

iPad AirだけCLIP STUDIOが入った実機がなかったのですが(実機でCLIP STUDIOが試せたら一番よかったのですが・・・!)、他の描画するアプリケーションを触ってみた感じ、ペンの遅延のなさがiPad Proと同じだと感じるときと、ほんの僅かに遅く感じるときがありました。

「描画を待つ」ということはなかったので、Proを買うよりはお金を抑えたい人、カラフルな端末がほしい人は、Airでも十分満足できるのではないでしょうか・・・!

iPad Pro(2020)

絵描きなら一度は憧れる、人気マシン。

実際、2019年に店頭で触ったときも「遅延が無い!紙みたい!!」と感じました。

その感触は最新型でもほぼ変わらず、描画速度はかなり高いです。

視差のなさはどの機種よりも高ポイント。

WindowsOSのマシンとiPadで迷うのは、やはり「どういう用途を優先するか」というところですね。

10万円前後で、漫画・イラストを描くことを優先したい場合は、apple製品が有力候補だと思いました・・・!

ペンの反応速度の印象まとめ

2019年度には結構な差を感じた、ペンの反応速度。

今回は正直、「目に見えて遅い」という端末はほぼありませんでした。

また、視差のなさはiPad proが一番良かった他は、どの端末もほぼ違いを感じず、気になるほど視差は存在しませんでした。

現在わたしが使っている端末が、2018年発売のraytrektab10インチであるため、今回触った2020年発売の端末は、どの機種も高性能に感じました。

選び方の基準は、

・お絵かき中心か、PCとしても使いたいか

・持ち運びか、置いて使うか、どっちを優先した画面サイズにするか

で考えて良さそうです。

おまけ

店頭で実機を触るたびに手を消毒していったのですが・・・

アルコール消毒、おてての水分も持っていってしまう・・・・

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事